• Top Page ⟩
  • 仕事を知る ⟩
  • Women's Style ⟩
  • 建築系女性社員のワークスタイル

WORKS

Women's Style

仕事を知る

建築系女性社員のワークスタイル

大京グループでは多くの女性社員が活躍しています。今回、建築系の部署で働く女性社員を取材し、仕事のやりがいや育児と仕事の両立などについて、話を聞きました。
※この動画は2017年1月に取材したものです。

大京 建設管理部 商品企画室 商品開発課 主任 内田 麻衣子

※2018年3月現在

Q1.所属部全体の業務内容を教えてください

 私が所属する建設管理部はマンションを建設・販売する上での建築全般の業務を担っています。具体的には5つの業務に分かれており、仕入れる前の土地にどのような建物が建てられるかを検討する部門、仕入れた後に建設する商品のコンセプトからプランまでを企画する部門、着工から竣工・引渡しまでの現場管理を行う部門、マンション引渡し後のアフターサービスを行う部門、最後5つ目に新たな商品の企画開発や全国の建築業務のサポートを行う部門があります。私は新たな商品の企画をする部門に所属しています。

Q2.所属部内での内田さんの仕事を教えてください

 業務は大きく3つに分かれてます。メインは、環境やエコ、IoTやAIといった社会トレンドに対応した商品づくりを行っています。例えば、再生可能エネルギーの太陽光や太陽熱を利用して、エネルギー消費を0に近づけたマンションや生物多様性に配慮した植栽計画を推進しています。2つ目として、ライフスタイルや価値観の変化に合わせた商品づくりを行っています。現在、新しい宅配ボックスを開発しており、実際の物件に導入する際のサポートを行っています。また、すべての社員がいつでもアイデアを出せるような仕組みを考えており、一人の社員から出たアイデアをみんなで育てながら商品化を目指す「アイデアファーム」という仕組みの立ち上げに取り掛かっています。3つ目はグッドデザイン賞などの各賞を受賞するためのサポートを行っています。それぞれの賞には審査の基準がありますので、それをよく理解して、様々な関係者と連携を密にとるように心がけています。

Q3.育児支援制度をどの様に利用していますか?

 私には1歳と3歳の子がいるのですが、2回とも産休と育休を取らせていただきました。以前は時間を短縮して勤務していました。仕事には必ず締め切りがありますので、子どもが急に発熱して帰らなければならないときは、周りの方のサポートがとても重要だと思います。私たちの課では仕事の内容や進捗状況をメンバー全員がOutlookで共有しています。万が一、私が休むことになってしまっても、他のメンバーがサポートしてくれているので、本当に助かっています。また、保育園のお迎えの都合上、定時に私は帰らなければならないのですが、その点も労働時間の長さではなく、限られた時間内でしっかり結果を出せることを正当に評価してくれるので、とてもいい環境だと思っています。

Q4.最後にメッセージをお願いします

 私はワーキングマザーとして働いていますが、子育てに加えて仕事に没頭できる時間が持てたことで、毎日が充実しており、新しい発見があるなど楽しく働くことができています。大京グループは、女性だけではなく、誰にとっても長く働ける良い会社だと思います。一緒に成長できるように頑張っていきましょう。