• Top Page ⟩
  • 会社を知る ⟩
  • 福利厚生:健康経営に対する姿勢

COMPANY

会社を知る

福利厚生

福利厚生

ホワイト500(健康優良法人)への選出をはじめ、
高い評価を受ける、大京グループの「健康経営」。

社員が安心して働くことができる環境を整えることも、会社の大切な使命です。
社員とその社員を支えるご家族の幸せのために、何ができるのか。
社員の心と身体の健康を重視した「健康経営」に取り組み、よりよい職場環境づくりを進めています。

社員が健康で安全に働ける職場をつくるために

「健康経営銘柄」および「健康経営優良法人(ホワイト500)」について

大京グループは、「社員・家族が誇りを持てる職場をつくる」ことを経営姿勢として掲げています。社員が健康で安全に働けることは全ての基本であり、社員の健康は一人ひとりの生活の基盤であるだけでなく、永続的に発展していく上で大切な「財産」であるという考えから、共に働く喜びを分かち合い、互いを尊重しながら、グループ社員一人ひとりが成長して満足できる職場をつくっていくために、グループ人事部と健康保険組合が中心となって社員の健康増進や制度の拡充に取り組んでいます。

そして「BMI 改善支援プログラム」や健康保険組合との共同施策、禁煙の取り組みといった、社員の健康維持・増進に向けた独自の取り組み「大京健康プログラム(Daikyo Health Program)」が高く評価され、株式会社大京は、健康経営に優れた企業として、経済産業省と東京証券取引所が主催する「健康経営銘柄 2017」※1および、同省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人(ホワイト 500)」※2の2種類の選定を受けることができました。

大京グループは、中期経営計画「Make NEW VALUE2021 〜不動産ソリューションによる新・価値創造〜」を2016年10月に発表しており、社会への貢献と事業規模の拡大を目指すには、社員が意欲的かつ全力で仕事に取り組める職場環境・組織づくりが重要であると考えています。現在は、全社を挙げた「職場改革プロジェクト」も始動しており、今後も社員一人ひとりが働きがいのある職場づくりに向けて取り組んでいきます。

※1『健康経営銘柄』は、東京証券取引所の上場企業から原則 1 業種 1 社、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践している企業を選定するもので、経済産業省と東京証券取引所によって 2015年度から実施されています。長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業を紹介することを通じて、企業による「健康経営」の取り組みを促進することを目的としています。

※2『健康経営優良法人(ホワイト 500)』は、経済界・医療関係団体・自治体のリーダーから構成される日本健康会議と経済産業省が共同で、上場企業に限らず保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を認定するもので、2016年度より実施されています。(2020 年までに 500 社が認定される予定)

「健康経営」のための主な取り組み

「大京グループ健康プログラム『Daikyo Health Program』」の実施

大京グループでは、社員が“健康で安全に”働けることがすべての基礎であり、社員の健康は「大切な財産」であると考え、健康に投資する取り組みとして、大京グループ健康プログラム「Daikyo Health Program」を2014年度から導入。その柱として生活習慣病の予防のための減量プログラム「BMI改善支援プログラム研修」を実施し、お寺での修行体験によるマインドセット、ノルディックボードポールを使ったウォーキングイベント「七福神巡り」、たくさん食べても太らないヘルシー料理の調理実習、個々の生活習慣に寄り添ったパーソナルトレーナーのマンツーマン支援等を研修として行うほか、健康をテーマとしたセミナーや全社禁煙デーの設置など、さまざまな健康増進イベントを実施しております。受講者の中には 10〜20kgの減量に成功した社員もおり、適正体重を維持する社員の割合も改善傾向にあります。

健康課題への包括的なアプローチ

「BMI 改善支援プログラム」以外に、長時間労働の撲滅やメンタルヘルス不調の未然予防、禁煙対策の他、健康増進のためのクラブ活動支援など、自社の健康課題を把握し、健康課題に関して包括的に取り組んでいます。

具体的な施策例

長時間労働の抑止策

  • ノー残業デーの実施
  • 残業する際、事前にパソコンの使用延長申請を行わないと、21時以降はパソコンが使用できなくなる自動シャットダウンシステムの導入
  • 長時間労働状況を経営連絡会にて定期的に報告

ストレスチェックなど、心と体の不調の未然・予防策

  • 現在の業務の状況や自身が思う適性、将来の希望業務の他、自身・家族の健康状態や住まいの状況などを申告する自己申告制度を年2回実施
  • 社員の皆さんが心の健康にも興味を持ち、ストレスに「気づく」「備える」「相談する」という好循環を定着させ、より働き甲斐のある職場環境を醸成したいとの思いからストレスチェックを法施行前の2015年8月より導入・実施
  • 社員とその家族も外部の臨床心理士等とのカウンセリングが利用できるなどのサポート体制を構築

電話相談窓口の設置(産業カウンセラーによるケア)

より働きやすい職場の実現を目指して、職場に起因する悩みや相談ごとを社外の産業カウンセラーに話せる電話相談窓口を設置

禁煙対策

  • 全国約400拠点のグループ全事業所において「紙巻きたばこ」全面禁煙を導入
  • 世界禁煙デー(毎年5月31日)に合わせた「大京グループ禁煙週間」を設定
  • 毎月22日は、就業時間内に事務所での喫煙を禁止する「スワン・スワン(吸わん・吸わん)デー」(禁煙デー)の実施
  • 自ら禁煙を希望する社員への支援として、禁煙外来治療費を10,000円まで補助(2016年度より)

置き弁の導入

  • 社員の健康促進を目的として、管理栄養士監修のオフィスの冷蔵庫で数日ストックできる「置き弁」を導入
    (日替わりメニュー、一食500kcal前後)
がん治療と仕事の両立支援
大京では、東京都が主催する「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」において、不動産業界初「優良賞」を受賞しました。がん治療支援のための休暇制度を整備するほか、直接社員からの意見や要望を把握しやすい体制を構築するなど、治療と仕事の両立に向けた取組が評価されたと思います。今後もより一層、治療と仕事の両立に向けた、働き甲斐のある職場、働きやすい環境の醸成を目指しています。
cancer
workcircle_logo

株式会社大京が承認を受けた「『がん治療と仕事の両立』東京都ワークサークルプロジェクトロゴマーク