印刷ページ

IRポリシー/免責事項

IRポリシー

情報開示の基本姿勢

当社は、経営戦略や企業活動そして財務状況等を適時かつ公平な、また正確な情報を開示することで株主や投資家の皆さまをはじめとするステークホルダーの方々から、より一層、信頼、評価されるグループを目指すとともに、当社の企業価値を適正に資本市場の評価に反映させることに努めてまいります。

情報開示基準

当社では、金融商品取引法等の関係法令ならびに東京証券取引所の定める適時開示規則に従って情報開示を行っております。また、決算説明会での発表内容をはじめ適時開示規則等に該当しない情報につきましても、当社をご理解いただくうえで有用と判断される情報につきましては、企業間競争の観点等から開示することが適切でない場合を除いて、可能な範囲で積極的な開示に努めてまいります。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じ行うとともに、開示後速やかに当社のホームページにも同一の情報を公開することとしております。また、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁による電子開示システム(EDINET)を通じて公表しております。

適時開示体制の概要

沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩防止と公平性の確保のために、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表までの期間を沈黙期間とし、決算に関する質問への回答、コメントを控えることとしております。但し、当該期間中に業績予想が大きく変動する見込が生じた場合には、適時開示規則に従い開示いたします。なお、沈黙期間であっても、決算に関わらない情報の開示を行うことや、すでに公表されている情報に関してのご質問等には対応いたします。

免責事項

当ホームページに掲載しているIR・決算情報は、株式会社大京およびグループ各社(以下当社グループ)の財務情報、経営情報等の提供を目的としており、内容についていかなる保証を行うものでもありません。
また、投資勧誘を目的としたものではありませんので、投資に関するご決定はお客さまご自身の判断で行われるようお願いいたします。

当ホームページに掲載されている計画、見通し、戦略などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関係する見通しであり、これらは、現在入手可能な情報から得られた判断に基づいております。したがって、実際の業績はこれらと異なる場合があります。

当ホームページに情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、誤り等が含まれる可能性があります。 また、予告なく掲載の中止、情報の変更を行うことがありますのであらかじめご承知おきください。

当ホームページに掲載された情報、または当ホームページを利用することで生じたいかなるトラブルおよび損失、損害等に対して、当社グループは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。