印刷ページ

企業市民としての社会貢献

社会貢献活動

日本障がい者スポーツ協会(JPSA) オフィシャルパートナー

日本障がい者スポーツ協会(JPSA) オフィシャルパートナー

当社グループは、「あらゆるライフステージに応える住まいとサービスを提供し、住文化の未来を創造する」という経営理念のもと、家族や住民同士の絆を育む住まいづくりに取り組んでいます。 そのため、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(以下「JPSA」)が目指す「スポーツの価値を誰もが享受できる社会」、ひいては「活力ある共生社会」実現の一助となるべく、オフィシャルパートナー契約を締結しています。今後は、「人と人との絆」を育む共生社会の実現に向け、JPSAとともに障がい者スポーツの普及・振興活動を通じて、障がい者スポーツを応援していきます。

[ページトップ]

教員の民間企業研修

教員の民間企業研修

この研修は、一般財団法人経済広報センターが主催し、教員が民間企業研修を通じ、企業活動の考え方や企業の人財育成への取り組みなどについて理解を深め、その体験を子どもたちへの教育や学校運営などに活かすことを目的としたものです。
この考えに賛同し、当社グループでは、2016年に神奈川県横浜市の小中学校教員8名に民間企業研修を実施しました。
研修では、「社会を見据えた変化」「お客さま満足度と社員満足度の向上」をテーマに、マンションの管理業務の体験など当社グループの具体的な取り組みを交えつつ、「お客さま・社員の声を聴く仕組みづくりと文化の醸成」の大切さについて学んでいただきました。

[ページトップ]

社内販売会

社内販売会

知的に障がいがある方の手作りクッキー・パウンドケーキ・パン等の社内販売会を、定期的に開催しています。
当販売会は福祉作業所「おかし屋ぱれっと」 を運営する「認定NPO法人ぱれっと」や新宿区立新宿福祉作業所が運営する「エスポワール」の活動を支援するものです。

[ページトップ]

子どもや女性を守る支援活動

子どもや女性を守る支援活動
ペットボトルのキャップを回収

ペットボトルのキャップを回収し、発展途上国の子どもへワクチンを送る活動や、使用済み切手を収集し、「公益財団法人ジョイセフ」を通じて、世界の女性が妊娠や出産により命を落とすことのない、安全な環境を提供するための支援活動に賛同し、社内でペットボトルのキャップ回収や使用済み切手収集の取り組みを行っています。

[ページトップ]

次世代育成に向けた活動

学生の企業訪問受け入れ

学生の企業訪問受け入れ

当社グループでは、商品やサービスを通じて学生の「興味」や「気づき」を醸成し、職業観、勤労観を高めることを目的とした学生の受け入れを実施しています。

[ページトップ]

「子ども参観日」実施

子ども参観日

夏休みの期間を利用して社員の子どもを対象に、「子ども参観日」を開催しています。この取り組みは、職場で働く親の姿を見てもらい、家庭における円滑なコミュニケーションの一助とするとともに、子どもの勤労観や就業観を醸成することを目的としています。

get adobe readerPDFの閲覧にはAdobe Reader(日本語版)をご利用ください。