事業活動を通じて新たな価値を提供 ライフスタイルの多様化に向けた取り組み

事業活動を通じて新たな価値を提供

ライフスタイルの多様化に向けた取り組み

高齢者向け住宅

当社がマンション分譲を始めて40年以上が経過し、ご入居の方々が徐々に高齢化する中、ニーズに応じた快適な住まい方を提案していくことが当社のあるべき姿だと考えています。高齢化社会に適した住まいの選択肢として、2014年からサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の供給を開始しました(ブランド名「かがやきの季(とき)」)。今後10年間で約60棟を展開していく計画です。

高齢者向け住宅

サ高住第1号物件 「かがやきの季(とき)」中野南台
(東京都中野区)

バケーションレンタル(空室の有効活用)

当社では「窓の灯を永遠に」をコンセプトに、空室となっているマンションの有効活用としてバケーションレンタル事業(空室の第三者利用)を2015年1月より沖縄で開始いたしました。空室以外にもセカンドハウス利用のマンションの空室期間を有効活用することも実施し、2020年までに300戸の稼働を目指しています。さらに将来的には、沖縄県以外にも事業を展開したいと考えています。

旅家サイト
バケーションレンタル 旅家

サービス名称 旅家(たびいえ)

シェアハウス

当社では、CRE(企業不動産)戦略支援事業の一環として2014年よりシェアハウス事業を展開しています。
2016年に竣工した「ソーシャルレジデンス上北沢」は「人と人とのつながり」を重視し入居者同士のみならず地域住民との交流も促進する企画としました。また、認可保育所を併設し、待機児童数増加と保育施設不足という社会課題解決の一助となることを目指しています。

シェアハウス事業

住戸専用宅配ボックス

宅配便サービスの充実で、私たちの生活が便利になる一方、約2割もの荷物が再配達されており、CO2排出による環境への影響や運送会社への大きな負担が社会課題としても注目されています。当社ではメーカーと共同で、居住者と宅配事業者双方の使いやすさを追求した宅配ボックスを開発しました。

再配達ゼロを目指して!次世代の住戸専用宅配ボックスとは?
住戸専用宅配ボックス

大京グループについて知る

MENU

ページTOP